• たにしの楽校事務局

まもなく冬休みに入ります


たにしの楽校のある田麦俣地区は、早い時には11月下旬ころに雪が降ります。先日、集落のみなさんが、降雪に備えて校舎の雪囲いをしてくださいました。寄贈していただき、校庭に植樹した桜の木も早めに雪囲いです。



紅葉の田麦俣

振り返れば、今年も多くの皆さまにお越しいただき、活用いただきました。若い人たちの撮影会や読書会、映写会、たにしの楽校秋祭りで、餅つき会も行い、楽しく過ごしていただきました。たにしの楽校の学び舎も、きっと喜んでいることと思います。


▼秋祭りの様子▼


また、本を寄贈いただいたり、みすゞ文庫に展示用のガラスケースをいただいたり、お花の種をいただいたり、活動に賛同いただいた方から寄付金や募金などもしてくださり、心から感謝を申し上げます。



寄贈いただいたみすゞ文庫のガラスケース

栃木県からお越しくださった皆様からは、「いろいろな廃校も見てきましたが、まだこんな素敵な校舎があるのかと皆感激しています。廃校が壊されていく中、このようにきれいな状態の校舎は見たことがありません。文化財的な建物だと思います。大切にしていただきたいです。」とお話しをいただきました。本当にうれしいですね。


たにしの楽校は、11月下旬から来年の4月いっぱい冬休みになりますが、毎月2回~3回は校舎の点検、掃除、木工作業をします。来年の春には、いただいた朝顔の種やヒマワリの種、コスモスの種を蒔いてみなさんをお迎えしたいと思います。



冬休み中、この【楽校日誌・ブログ】で、田麦俣の冬の風景、雪解けの風景、楽校の様子などご案内したいと思います。寒さます折、どうぞご自愛ください。