top of page
  • たにしの楽校事務局

みすゞ詩探しの旅

一ヶ月遅れの更新になってしまいました。5月の連休も終わり、各地で田畑の忙しい季節になりました。


たにしの楽校の教室に創設してある「みすゞ文庫」(JULA出版局著作了承)は、金子みすゞさんの作品など展示させていただいております。そのご縁で、4月1日、2日と金子みすゞ生誕120年、金子みすゞ記念館開館20周年記念に参加させていただきました。

みすゞ記念館
みすゞ記念館

前日の早朝に出て、夕方長門市仙崎に着き、1日目の催しは午後3時からなので、先に仙崎にある、金子みすゞ記念館見学とみすゞさんが眠っている遍照寺での墓参り。みすゞさんの詩に出てくる風景を急ぎ足での散策。2日目は、通地区にある鯨墓のお参りや、山口県立劇場“ルネッサながと”での催しに参加させていただきました。

全国から参加されたみなさまとお話などさせていただき、たにしの楽校活動に役立てて行きたいとたいと思います。みすゞさんの詩に出てくる風景に佇み、様々に考えさせられた、私の″みすゞ詩探しの旅”になりました。




5月に入ってから緑が一段と濃くなり、各地では田畑仕事も忙しくなってきました。例年、開校日に合わせて行っていた、恒例のたにしの楽校祭りは、スタッフのみなさんの都合で、「6月25日(日)午前11:00」になりました。おかげさまで、多くのご理解と応援により元気に活動しております。


また、鶴岡市のご理解とご協力をいただき、各箇所に水道が出るようになりました。たにしの楽校の学び舎が、「こころの寄り所、こころのケア」となるよう活動をしていきたい。たにしの楽校は“みんな友だち、みんなの学校”です。大切な木造校舎を、未来の地域と社会のために「社会教育文化施設」として継承していかなければと考えております。

雪が解け、みなさんをお迎えできる準備も出来ました。



6月25日(日)の、たにしの楽校春祭りには、是非お立ち寄りください。お待ちしております。



いこいの村さんからいただいたチュウリップの花も咲き、多くのみなさんに楽しんでいただける、たにしの楽校にして行きたいと考えております。


Comments


bottom of page