top of page
  • たにしの楽校事務局

たにしの楽校より新年のごあいさつ



新しい年を迎えられ、心よりお喜びを申し上げます。


たにしの楽校保存活動に携わって18年目になりました。その間、本当に多くのみなさんのご理解と応援のおかげで、元気に活動しております。心から感謝を申し上げます。


ご存知のように田麦俣地区は、磐梯朝日国立公園、日本遺産に認定されている地域であります。そんな風景の中にしっかりと佇んでいる、たにしの楽校は、未来の地域と社会の貴重な「社会教育文化財産」になるのではないかと思っております。


かつて学んだ廃校校舎であっても「教育のかけら」にしてはなりません。この歴史ある子供たちの学び舎木造建築の佇まいは、大切なことに気付かせてくれています。国宝や重要文化財、史跡名所も大切であるように、地域の文化財産の価値を上げるべく事業に向けて活動して行くことが、地方創生、地域活性化に繋がっていくものと思っています。


おかげさまで、たにしの楽校活動もこのような位置付けになるまで活動ができていることは、多くのみなさんの応援の賜と、心より感謝しております。


たにしの楽校は、さらに、未来社会に向けて、様々な催しや体験、学習、人とのふれあいを大切に、多くの人に訪れていただくためにがんばっていきます。みなさんにお越しいただくために、調理場の補修、職員室の補修、トイレの改修など整え、地域の魅力を見出し、郷土愛生涯学習、持続可能性に向けて、多くの人とのコミュ二ケーションの場所に繋がる活動をしていきたいと考えております。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。また、みなさまのお倖せを、心よりお祈り申し上げます。5月下旬には、楽しい催しものを予定しております。ぜひ楽しみにしていてください。


雪下ろしがはじまる、たにしの楽校



みすゞ文庫と資料・畳式図書館



昇降口・いただいた書籍・映写会



秋の餅つき・職員室・キーホルダー作り



県外からの視察・ギター音楽会、読書会の案内

Kommentare


bottom of page