誰にでも帰るこころの故郷がある

忙しい時間は本当の自分を見失い、

日常の忙しい時間にこころの休み時間。

 

ふと、何も持たずに出かけてみようと思う、

そんな時間のこころ旅田麦俣。

 

 

やぁーお久しぶり、と、

秋の村祭りにあの人が帰って来た。

 

秋という季節(とき)は駆け足で、

木の(こ)葉落ちるのは少しさみしいけれど、

 

がんばって冬が過ぎて雪が解ければ、

新緑の月山道はこころを洗ってくれる。

 

自由とは、自分が許されて生きていることに気付き、

道端に咲いている小さな一輪の花が教えてくれた。

 

こころのゆくえ田麦俣の旅、

歩いて、歩いて。走って、走って「たにしの楽校」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ