年に一度の田麦神社のお祭り

9月にたにしの楽校で行われたお祭りの風景です。

どこか幻想的な感じもする、学校での夜のお祭り。集落の人はこの時とばかりに大いに楽しみます。

 

このためにわざわざ東京から3人、仙台から4人のお客さんもやってきて、地元の方とともに参加。「お祭りは見るものでなく参加するものだ!」と盃を交わしながら話す姿に、人との繋がりはここからはじまるのだ思いました。

 

お祭りの翌日には、映画『うまれる』と『ずっといっしょ』の上映会。東京からの若者たちによる企画で、ドキュメンタリー映画を通じていのちや家族についてあらためて考える集いに地域の方々も感動。体育館の窓に暗幕を張っての手作り上映でしたが、とても良い催しでした。

 

たにしの楽校を通して繋がりが生まれ、自然に育てられながら未来のふるさとづくりになればいい。来る人、来る人との新しい出会いに、集落再生のヒントがあるかもしれませんね。

 

ひょっとこと神楽の舞いには物語があります

 

 写真撮影、スマホで送りま~す!

 

 法被姿の子どもたちも参加

 

 みんなで記念撮影をしました

 

 暗幕で手作りの上映会場づくり

 

 茣蓙の上での上映会、作品について説明

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ