~ 父母の手紙 ~

 

ぼくは、もう小学校に入学することはないけれど、

田麦橋を渡れば、あの頃の風景と香りは同じだ。

 

父母の言葉を胸に上京し、

いつもの手紙に浮かぶは父母の顔。

 

たまには帰ってこいよ、と父の手紙に

母の顔が浮かぶ。

 

あの頃の懐かしい友の顔と先生を想い、

“やぁー久しぶり”と、校舎に入った。

 

そっと置いていったそこには、

ピアノ、理科の道具、読みかけの本と卒業記念作品。

 

自然は勝手で自由に生き、

ぼく、帰るから・・・

 

 

 

赤川 落合の桜

 

 

 

 

田麦俣雛人形

 

 

雛菓子

 

 

 

Tags:

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ