放送室

 

ドキュメンタリー映像の作成に取り組んでいる東北工科大学の学生さんが再度来校。収録中に、放送室を案内したところ、機材が目につきました。

 

 

「使えるのかなぁー」

「きちんと使えるよ!」

 

 さっそく、スマホからの音楽を流し、コメントを入れて放送。

 

「すごい!」

 

各教室に流れると、閉校した学校が、まるで普通に生徒がいるかのような雰囲気に。

 

「これから開校している時は、音を流そうよ」

「これって、すごいことです、よねっ」

 

放送ひとつで、校舎がいきいきとしたような印象に、みんなで大はしゃぎでした。

 

 

2階用具室を整理して、
ここには「カフェを作りたい」


たにしの楽校は生きている。

廃校になっても、今子供たちが来る、大人たちも来る、素敵な学校です。

 

「何とか未来のためにのこしていきたいですね」

 

そんなお言葉を頂きながら、たにしの楽校の未来が繋がっていきそうな気がして、わくわくしました。

 

大切なものを未来の人たちのために、きちんと伝えていくのが、私たちの役目に思います。

 

是非、たにしの楽校を題材に、良い作品を作ってほしいものです。

 

たにしの楽校からドラマが生まれる日も 

 

 

Tags:

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ