たにしの楽校の開校日

大型連休が明けた5月12日(日)は、たにしの楽校の開校日でした。
当日は鶴岡市内をはじめ、遠くは山形県外からも、60人ほどの方にお越しいただきました。

 

体育館での餅つき 

 

とちの実を使ったとちの実餅 

 

開校日の催しとしては、餅つきや特製カレーライスなどの美味しい食事のほか、仙台在住の保存会会員さんによるギター音楽会、スライドによるたにしの楽校保存活動の紹介、そして、東北芸術工科大学映像学科卒業制作による、たにしの楽校にスポットをあてたドキュメンタリー映画も上映しました。おかげ様で参加者の方も、多数関心を寄せてくださいました。

 

 

 教室を会場にギター演奏会

 

当日のみなさんと過ごす楽しい時間はあっという間でしたが、参加してくださった方から「こんな素敵な学校があることは知りませんでした。壊してはならないですね」とお声をいただきました。

 

地域と社会の大切な宝物として保存している懐かしい学び舎。皆様にはどのように心に映ったのでしょうか。その心の中のタイムカプセルにして持ち帰っていただき、楽しいひと時とともにぜひ時折開けてみていただきたいものですね。

 

「先輩」にオカリナ演奏を教わる少年

 

「秋にまたやろうねっ」とのご要望が多く聞かれ、今年も秋祭りを開催する予定です!

ちょっと気が早いですが、10月27日(日)午前11:00開始を予定したいと考えております。当日は、歴史ある「田麦俣神楽」を舞って頂くことも計画中。お食事は炊き込みご飯にしたいと思います。近づいてきたらまたご案内させていただきます。

 

山間の小さな学校「たにしの楽校」を、ぜひたくさんの方に楽しんでいただきたい。
たにしの楽校が、今ここにあることが何よりも嬉しいです。

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ